<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

present

先日37回目の誕生日を迎えた。
c0172261_952476.jpg

あるサイトで偶然同い年で共通の趣味を持つ2人の女性と出逢った。
それぞれにポリシーを持ち色んな分野で活躍されてる彼女たち。
時に励ましそして刺激を受け、自分も向上しようと奮起出来る存在である。
そんな彼女たちからの贈り物。ご丁寧にお一人は誕生日前、お一人は1日後。
とまるで示し合わせたかのようなニアピン賞。
c0172261_9534110.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-30 10:01 |

Osterizer

c0172261_21531628.jpg

オスタライザーを買った。
我が家にはミキサーがずっとなくて欲しくて探していた。
どうせ手に入れるなら定評のあるオスターよね、と思っていた。
10個ボタンがあってそれがどのように違うのか説明書も全て英語だったので
私には分からなかったけどそのパワーは確かにすごい。
こういうわけで朝の定番がも1つ増えた。
今朝はバナナヨーグルトミルク。
庭のミントの葉を添えて。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-24 22:01 | 古道具 | Comments(12)

凝視

c0172261_9432591.jpg

外を眺めていたモコが何かを見つけたらしい。
電線にとまっている野鳥の鳴き声がする。
『モコちゃん、何がいるの??』と問う。
『ニャ~~~ン!』
c0172261_9434654.jpg

私の方に振り返ったモコの顔はとてもうれしそうだ。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-23 09:46 | | Comments(2)

箱入りムスメ

c0172261_21145131.jpg

ダンボールに入った荷物が届くと急にのこはそわそわし始める。
中の荷物が気になるのではなく、荷物を出した後の空のダンボールが
非常に気になるらしい。大きいのはモチロンの事、小さいのまで一応無理
してでもとりあえずは中に入って様子を確認する。
c0172261_21162070.jpg

狭いところ好きな猫の習性か、或いは周囲を囲まれてる事にで安心感が
あるのか。。。でも同じ箱入り娘でもモコは全く無反応。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-20 21:22 | | Comments(2)

おにぎり

ウチの2猫のおにぎり(前足)は全く違う。
こっちはモコ。前足に限らず何もかにも体のパーツの1つ1つが大きい。
c0172261_17491582.jpg

よって当然の如くおにぎりも大きい。でも体重はのこよりも1kg近く軽いのだ。
で、こちらがのこ。
c0172261_1749329.jpg

全てのパーツが小さい。でもおデブ。
動物病院へ行くと決まって減量を!と言われる。
とっくにダイエットフードなんだけどね(苦笑)
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-17 18:07 | | Comments(4)

bottles

c0172261_733744.jpg

琥珀色の瓶。
その昔ドイツで薬剤を入れていたと言われる。
そんな事を耳にするとまたまた私はこの瓶を眺めながら妄想の世界へと入り浸る。
何が入れられてたのだろう。多分毒ではないと思うが。。。
外国の古い瓶はたくさんあるけどラベルが残っているのは少なかったりする。
そして古い瓶たちは温かな光がよく似合う。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-15 07:04 | 古道具 | Comments(8)

Dangerous

c0172261_13422095.jpg

今年4月に九州へ行った時に買ったフェルトのペンギン。
何だか憎めない佇まいと最後の1個と言うのにとても惹かれた作家作品。
でもこれは絶対にウチの2猫に見せてはいけない。
大きさ丸さ手触り、何をとっても彼らがこれを見てほっとかない訳がない。
c0172261_13423347.jpg

のこでちょっと試してみる。
c0172261_13424561.jpg

!!
c0172261_134315.jpg

やっぱりね。
c0172261_13431299.jpg

目の届かない所に置かないといけないなぁ。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-10 13:50 | | Comments(4)

mystery

今から15年ほど前に私と妹と母と祖母の4人で香港へ旅行に行った時にるるぶか
何かで店をチェックして全く分からない地下鉄を乗り継ぎ何とか閉店前に間に合って
手にしたアンティークロンジン。
c0172261_1024712.jpg

ちょっと如何わしい店主がいて、いかにも観光客の日本人が4人でその小さな店
(1坪あるかどうかのまるでタバコ屋のような店)に押しかけたものだから彼に
とっては店もそろそろ閉めようかと言った時間に『カモ』と思われたに違いない。

色んなアンティークウォッチをカタコト英語で勧めて来たが、私の心は最初から
1つに決まっていた。商談もそこそこでお目当ての時計を手に取った。
時計の年代やら色々紙に書いて説明していたが、私が覚えてるのはこの時計の
異名がミステりーと呼ばれるという事だけ。針が無くポッチだけが動くのだ。

店主は慣れた手つきで時計の裏側を開けて所々にサファイヤとルビーが入った
歯車を見せ、満足そうに私に手渡した。私は腹巻から自分の小遣い全額を出して
店主に渡した。

自分のデジカメではこれが精一杯の近影。良いデジカメが欲しい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-07 10:28 | 古道具 | Comments(2)

type

骨董の競りでいつもご一緒して下さる同業者の方から私の好みは一体どんな感じ
なのかとよく問われる。そう。言われてみれば私の好みって一貫性がないから傍
から見てると分かりにくいのかもしれない。

人の好みが変換して行くように私の古道具への好みも時と場合によって変わる。
ある時は花柄少女趣味のイギリスアンティークが好きだったり、こてこての昭和
レトロが好きだったり、無骨な工業系に憧れたり。

地元の競りで海外モノが競られる事はホトンドない。なのでそういう時に心惹かれる
モノと言えばメイドインジャパンでも海外向けに作られたであろう、そういう雰囲気を
持つ食器や雑貨。流行の和の中にアールデコを感じるデザイン、とでも言おうか。
c0172261_1601486.jpg

これは多分JAL国際線で使われていた真鍮製のミルクピッチャー。
蓋と取っ手にビビビと来たもの。結局は自分が好きになったものがタイプなのだ。
それだけ。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-05 16:15 | 古道具 | Comments(4)

時差

不動品という事で買ったアトリエに置いているこの時計。
c0172261_6365142.jpg

電池を入れる部分をやすりで軽く削ってそして振り子が動くように軽く反動を
加えてあげると動き始めた。時刻合わせの針の動かし方もちょっとコツがいる。
針がスムーズに動かせる時間と全く空回りして滑ってしまう時間とがあるのだ。

1度時刻合わせを試みて何とか正確な時計になったのだが、何が悪かったか
1日に少しずつ遅れたりちょっと止まってたりでおよそ2時間半ほど遅れて
しまった。もう時刻を合わせてもまた遅れるやろな、と思って動いてるならそれで
良し、としばらくそのままに放置してたら。。。

なんと今度は少しずつ時間差を詰め始めた。只今PC時計は6時40分でこの
気まぐれ時計は6時37分。もう少し!でもおそらくそのまま正時を追い越して
マイペースで行き抜けてしまうんやろなぁ~。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-01 06:52 | 古道具 | Comments(8)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧