カテゴリ:古道具( 458 )

Amapola

c0172261_2201446.jpg

和名はよく耳にするひなげし。
相当古いものにかかわらず、この赤い花びらが妖艶で思わず手に取った品。

最近古い紙に目が行くようになって来た。
日に焼けて茶色に変色した手紙や擦り切れて角が丸くなってしまった楽譜など。

こちらは楽譜の表紙。ページをゆっくりと開くと中に音符がたくさん。
1度めくったら表紙が外れてしまった。

これは額が必要だな。。。
c0172261_2204216.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-08 22:12 | 古道具 | Comments(0)

cafe

友人に教えて頂いたお店の豆をミルで挽いてみる。
c0172261_19201833.jpg

このミルは5年前にヴァンヴの蚤の市で出逢い大事に抱えて持って帰って来た物。
それまで安いミルを使っていたのだが、挽く度に豆の破片が飛び散るわハンドルは
めっちゃ重いわで散々な思いをしてたのだが、このミルはハンドルは軽いし蓋が
閉じるので豆の飛び散りもない。さすが、計算し尽されたミルだなって感心する。
最初の1杯は何も加えずにブラックで。
c0172261_1920399.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-02 19:20 | 古道具 | Comments(6)

王者の貫禄

c0172261_7551962.jpg

私のコレクションの中でのナンバーワンは、やはりこのカップボードになる。
ショップ泣かせの10回払いで約1年近く待って手に入れた。

イギリスの家庭で多分子供用にハンドメイドしたグリーンの棚。まだ100年は
経っていないのでアンティークとは言えないが、私はこれでいい。これがいい。

夏仕様だった棚を秋っぽくディスプレイを変える。もちろん横のカーテン代わりの
布も変えて。眺めて良し飾って良しはさすが、王者たる所以。
c0172261_7554672.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-29 08:00 | 古道具 | Comments(14)

洋書にマナブ

c0172261_15223971.jpg

古物好きな人のバイブルとでもいえる洋書。
インテリアの飾り方、写真の撮り方などこれを見て勉強する。
私ももちろん例外ではない。暇があったらポケ~と眺めている事が多い。

最近は色々出版されているが、私の好みはやはり元祖であるjunkstyle
手持ちの数少ないアイテムをいかにそれらしく魅せる事が出来るか。。。

勉強はそれほどしなかったのに、こういう勉強は自分から進んでするから
フシギである。
c0172261_17465227.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-26 15:04 | 古道具 | Comments(10)

眠れる獅子

いつの頃からか古道具好きが高じて自分で店が開けたらなぁと思うようになった。
c0172261_16103612.jpg

そう思い立って足掛け2年。so_koが出来た。今はまだ眠っている。
華麗なる幕開けはやはり猫に手伝って貰う事になりそうだ。
猫からの繋がり、友達、そして現在、みらい。。。
いよいよ獅子は2009年に目覚める事になる。
c0172261_1612504.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-24 16:26 | 古道具 | Comments(6)

アンティークメダイ

c0172261_7341725.jpg

一般的に不思議のメダイと称される。

ヨーロッパやアメリカでキリスト教信者の方がお守り代わりにペンダントに
付けたりして持ち歩いたというメダイ。よくロザリオの一部分にメダイを見か
ける事がある。爪の先ほどの小さな小さなメダイの表には聖母マリアの像が
彫られ、裏側にはルルドの泉が刻まれている。

1年間の野良生活で色んな危険と闘ってきたであろうモコに、のこと同じように
長生きをして貰いたいと願掛けで彼女の瞳と同じ色のメダイを首輪につけた。
c0172261_740065.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-21 07:37 | 古道具 | Comments(12)

Tour Eiffel

c0172261_13244464.jpg

何故エッフェル塔がこうも人気があるのか、実際自分たちが行ってみて
初めて分かったような気がした。

最後に行ったのはもう4年ほど前になってしまう。
私たちが旅行した時は1ユーロ130円ほど。今は170円近くになっている。
蚤の市を歩いても日本の100円均一じゃないけど向こうは5ユーロ均一が
多かった。残念ながら今は行く機会もないので、古いオブジェで我慢。
c0172261_13253113.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-19 13:51 | 古道具 | Comments(8)

Virol

c0172261_11243060.jpg

アンティークの世界に憧れたなら誰もが1つは持っているというアンティークボトル。

DUNDEEとFRANKCOOPER'Sは随分前から手にしていたのだが、Virolだけは
最近まで持っていなかった。イギリスってすごい。スープエキスやマーマレードを
入れる容器までこんなデザイン性の高い陶器を作るんだから。
冷蔵庫がない家庭は地面を掘ってポットのまま埋めて保存したとか。
なのでよく土色のかんにゅうの入ったVirolを見かける事がある。

あいにく骨は握ってないけど、まぁ、雰囲気だけ味わうのだからこれでヨシとする。
c0172261_11325014.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-17 11:51 | 古道具 | Comments(4)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧