カテゴリ:古道具( 468 )

mystery

今から15年ほど前に私と妹と母と祖母の4人で香港へ旅行に行った時にるるぶか
何かで店をチェックして全く分からない地下鉄を乗り継ぎ何とか閉店前に間に合って
手にしたアンティークロンジン。
c0172261_1024712.jpg

ちょっと如何わしい店主がいて、いかにも観光客の日本人が4人でその小さな店
(1坪あるかどうかのまるでタバコ屋のような店)に押しかけたものだから彼に
とっては店もそろそろ閉めようかと言った時間に『カモ』と思われたに違いない。

色んなアンティークウォッチをカタコト英語で勧めて来たが、私の心は最初から
1つに決まっていた。商談もそこそこでお目当ての時計を手に取った。
時計の年代やら色々紙に書いて説明していたが、私が覚えてるのはこの時計の
異名がミステりーと呼ばれるという事だけ。針が無くポッチだけが動くのだ。

店主は慣れた手つきで時計の裏側を開けて所々にサファイヤとルビーが入った
歯車を見せ、満足そうに私に手渡した。私は腹巻から自分の小遣い全額を出して
店主に渡した。

自分のデジカメではこれが精一杯の近影。良いデジカメが欲しい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-07 10:28 | 古道具 | Comments(2)

type

骨董の競りでいつもご一緒して下さる同業者の方から私の好みは一体どんな感じ
なのかとよく問われる。そう。言われてみれば私の好みって一貫性がないから傍
から見てると分かりにくいのかもしれない。

人の好みが変換して行くように私の古道具への好みも時と場合によって変わる。
ある時は花柄少女趣味のイギリスアンティークが好きだったり、こてこての昭和
レトロが好きだったり、無骨な工業系に憧れたり。

地元の競りで海外モノが競られる事はホトンドない。なのでそういう時に心惹かれる
モノと言えばメイドインジャパンでも海外向けに作られたであろう、そういう雰囲気を
持つ食器や雑貨。流行の和の中にアールデコを感じるデザイン、とでも言おうか。
c0172261_1601486.jpg

これは多分JAL国際線で使われていた真鍮製のミルクピッチャー。
蓋と取っ手にビビビと来たもの。結局は自分が好きになったものがタイプなのだ。
それだけ。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-05 16:15 | 古道具 | Comments(4)

時差

不動品という事で買ったアトリエに置いているこの時計。
c0172261_6365142.jpg

電池を入れる部分をやすりで軽く削ってそして振り子が動くように軽く反動を
加えてあげると動き始めた。時刻合わせの針の動かし方もちょっとコツがいる。
針がスムーズに動かせる時間と全く空回りして滑ってしまう時間とがあるのだ。

1度時刻合わせを試みて何とか正確な時計になったのだが、何が悪かったか
1日に少しずつ遅れたりちょっと止まってたりでおよそ2時間半ほど遅れて
しまった。もう時刻を合わせてもまた遅れるやろな、と思って動いてるならそれで
良し、としばらくそのままに放置してたら。。。

なんと今度は少しずつ時間差を詰め始めた。只今PC時計は6時40分でこの
気まぐれ時計は6時37分。もう少し!でもおそらくそのまま正時を追い越して
マイペースで行き抜けてしまうんやろなぁ~。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-01 06:52 | 古道具 | Comments(8)

Dejavu

気泡の向こうに見える景色は夢か幻か。
そんな妄想を抱いてしまうほどの独特な雰囲気を持つ日本の吹きガラスの
ランプシェード。手作業ゆえに左右均等ではなく微妙にどちらかに傾いてしまう。
それも愛嬌。
c0172261_22313239.jpg

5年ほど前に偶然見つけて商品の更新の度にPCに齧りついて見てた三坂堂さん。
今回のセールを最後に通販のコーナーをしばらくお休みされる事になった。
最近は値段も手が届かないくらいお高くてあまりご縁がなかったけどこのシェードは
半額でGET出来た。また楽しみが1つ減った。ちょっと残念。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-27 22:36 | 古道具 | Comments(4)

Gift

遠くドイツより2ヶ月の船旅で届いた荷物。
箱を開ける時のドキドキ感はずっと前から変わらない
c0172261_13494135.jpg

今回はるばると何個もの海を渡って我が家へ来てくれたのは古い布たち。
100%リネンとハーフリネンのシーツカヴァーだそう。
テーブルクロスに使って良し、吊下げてカーテン代わりにしても良し。
チェックの布は小さいサイズだけどこれからの季節、アクセントとして使えそう。
c0172261_13495823.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-25 13:53 | 古道具 | Comments(8)

wing

c0172261_8114521.jpg

ローズヒップを目差して翔ぶつばめ。
辿り着く先は天か地か分からないけど、同じ場所に留まっていても仕方がない。
とりあえず前へ前へと進もう。明るい未来がきっとある。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-24 08:12 | 古道具 | Comments(4)

knife

c0172261_21441188.jpg

言葉(文章)は時にナイフになる。
刺した本人は全く気付いていなかった。
知らぬところで刃と化していた。
取り返しのつかない淵まできてしまっていた。
今日は避けずにナイフを受けようと思う。
より良い明日へ向かえるように。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-22 21:54 | 古道具

Blue birds

九州の旅で出逢った1枚のプレート。
c0172261_19162081.jpg

フランスの古い時代の物らしい。トランクを引きずっての移動だったので電車に
乗っては包みを開けて割れてないのを確認し、バスに乗っては確認し。。。
おそらく周りから見たら古い皿をしきりにトランクから出してはシミジミ見るとても
アヤシイ行動をしてたに違いない。
c0172261_19164558.jpg

テーブルデヴューは頂き物のバウムクーヘン。普通だったら自分で何か作って盛る
のが醍醐味だろうが、あいにく私は料理は苦手。
1人前にカットしてから古いパン皿にのせ、祖母が作ってくれたブルーベリーソースを
添えていただきます。
c0172261_19171538.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-19 19:23 | 古道具 | Comments(4)

Cats

c0172261_22205423.jpg

私の猫歴はまだ浅い。犬歴25年に対して猫はまだ5年ほど。
でも猫にはこの5倍の差を埋める魅力がある。

何てったって色んな事に優しいキモチになれる。
何となく物事をポジティブに考えれるようになった。
そして自分のやりたかった事に向かって行けるチャンスをくれた。
私の側にはそれぞれ生い立ちも環境も違う2匹の猫がいる。

私と古道具との間に猫の存在は欠かせない。
多分これからもずっと。
c0172261_22211853.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-11 22:33 | 古道具 | Comments(4)

Paper

c0172261_2312117.jpg

古い紙繋がりでもういっちょ。

珍しくこの2点は高知で手に入れた。やはり何かの楽譜の表紙の次のページの
紙と台紙に貼られた小さな小さな楽譜。楽譜は何種類かたくさん枚数があったの
だが、私が選んだのは角が擦れて丸くなり表面が一番汚れていたもの。

多分今までの自分だったら一番先に買う対象から外しただろう。
汚れをきたないととらずに温かいととれるようになって来た自分がいる。
そろそろ末期的症状か。
c0172261_23123059.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-09 23:22 | 古道具 | Comments(8)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧