カテゴリ:古道具( 463 )

wing

c0172261_8114521.jpg

ローズヒップを目差して翔ぶつばめ。
辿り着く先は天か地か分からないけど、同じ場所に留まっていても仕方がない。
とりあえず前へ前へと進もう。明るい未来がきっとある。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-24 08:12 | 古道具 | Comments(4)

knife

c0172261_21441188.jpg

言葉(文章)は時にナイフになる。
刺した本人は全く気付いていなかった。
知らぬところで刃と化していた。
取り返しのつかない淵まできてしまっていた。
今日は避けずにナイフを受けようと思う。
より良い明日へ向かえるように。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-22 21:54 | 古道具

Blue birds

九州の旅で出逢った1枚のプレート。
c0172261_19162081.jpg

フランスの古い時代の物らしい。トランクを引きずっての移動だったので電車に
乗っては包みを開けて割れてないのを確認し、バスに乗っては確認し。。。
おそらく周りから見たら古い皿をしきりにトランクから出してはシミジミ見るとても
アヤシイ行動をしてたに違いない。
c0172261_19164558.jpg

テーブルデヴューは頂き物のバウムクーヘン。普通だったら自分で何か作って盛る
のが醍醐味だろうが、あいにく私は料理は苦手。
1人前にカットしてから古いパン皿にのせ、祖母が作ってくれたブルーベリーソースを
添えていただきます。
c0172261_19171538.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-19 19:23 | 古道具 | Comments(4)

Cats

c0172261_22205423.jpg

私の猫歴はまだ浅い。犬歴25年に対して猫はまだ5年ほど。
でも猫にはこの5倍の差を埋める魅力がある。

何てったって色んな事に優しいキモチになれる。
何となく物事をポジティブに考えれるようになった。
そして自分のやりたかった事に向かって行けるチャンスをくれた。
私の側にはそれぞれ生い立ちも環境も違う2匹の猫がいる。

私と古道具との間に猫の存在は欠かせない。
多分これからもずっと。
c0172261_22211853.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-11 22:33 | 古道具 | Comments(4)

Paper

c0172261_2312117.jpg

古い紙繋がりでもういっちょ。

珍しくこの2点は高知で手に入れた。やはり何かの楽譜の表紙の次のページの
紙と台紙に貼られた小さな小さな楽譜。楽譜は何種類かたくさん枚数があったの
だが、私が選んだのは角が擦れて丸くなり表面が一番汚れていたもの。

多分今までの自分だったら一番先に買う対象から外しただろう。
汚れをきたないととらずに温かいととれるようになって来た自分がいる。
そろそろ末期的症状か。
c0172261_23123059.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-09 23:22 | 古道具 | Comments(8)

Amapola

c0172261_2201446.jpg

和名はよく耳にするひなげし。
相当古いものにかかわらず、この赤い花びらが妖艶で思わず手に取った品。

最近古い紙に目が行くようになって来た。
日に焼けて茶色に変色した手紙や擦り切れて角が丸くなってしまった楽譜など。

こちらは楽譜の表紙。ページをゆっくりと開くと中に音符がたくさん。
1度めくったら表紙が外れてしまった。

これは額が必要だな。。。
c0172261_2204216.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-08 22:12 | 古道具 | Comments(0)

cafe

友人に教えて頂いたお店の豆をミルで挽いてみる。
c0172261_19201833.jpg

このミルは5年前にヴァンヴの蚤の市で出逢い大事に抱えて持って帰って来た物。
それまで安いミルを使っていたのだが、挽く度に豆の破片が飛び散るわハンドルは
めっちゃ重いわで散々な思いをしてたのだが、このミルはハンドルは軽いし蓋が
閉じるので豆の飛び散りもない。さすが、計算し尽されたミルだなって感心する。
最初の1杯は何も加えずにブラックで。
c0172261_1920399.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-09-02 19:20 | 古道具 | Comments(6)

王者の貫禄

c0172261_7551962.jpg

私のコレクションの中でのナンバーワンは、やはりこのカップボードになる。
ショップ泣かせの10回払いで約1年近く待って手に入れた。

イギリスの家庭で多分子供用にハンドメイドしたグリーンの棚。まだ100年は
経っていないのでアンティークとは言えないが、私はこれでいい。これがいい。

夏仕様だった棚を秋っぽくディスプレイを変える。もちろん横のカーテン代わりの
布も変えて。眺めて良し飾って良しはさすが、王者たる所以。
c0172261_7554672.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-29 08:00 | 古道具 | Comments(14)

洋書にマナブ

c0172261_15223971.jpg

古物好きな人のバイブルとでもいえる洋書。
インテリアの飾り方、写真の撮り方などこれを見て勉強する。
私ももちろん例外ではない。暇があったらポケ~と眺めている事が多い。

最近は色々出版されているが、私の好みはやはり元祖であるjunkstyle
手持ちの数少ないアイテムをいかにそれらしく魅せる事が出来るか。。。

勉強はそれほどしなかったのに、こういう勉強は自分から進んでするから
フシギである。
c0172261_17465227.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-26 15:04 | 古道具 | Comments(10)

眠れる獅子

いつの頃からか古道具好きが高じて自分で店が開けたらなぁと思うようになった。
c0172261_16103612.jpg

そう思い立って足掛け2年。so_koが出来た。今はまだ眠っている。
華麗なる幕開けはやはり猫に手伝って貰う事になりそうだ。
猫からの繋がり、友達、そして現在、みらい。。。
いよいよ獅子は2009年に目覚める事になる。
c0172261_1612504.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-08-24 16:26 | 古道具 | Comments(6)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧