カテゴリ:古道具( 478 )

antiques

c0172261_23375744.jpg

お客さんがお店にいらしてまず言う事は『アンティークを扱ってらっしゃるんですか?』と。
厳密に言うと、多分アンティークと呼べる品物は1つとして店には無いのでは…と思う。
海外でアンティークと言えば100年以上経っているものを示す。日本だと50年を過ぎると
骨董と分類されるとどこかで聞いた気もするのだが。ウチにあるものはせいぜい古くて
50年~80年ほど前のもの。もう少し大切に持っていてくれてたら晴れてアンティークと
呼べるようになる所謂中途半端な品物でもある。
c0172261_23383335.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2009-03-04 23:39 | 古道具 | Comments(8)

Collaboration

店に置いてある品物の中にはもう正規の使い方はほとんど出来ないであろう
言わば、お役御免的なガラクタがたくさんある。
c0172261_21105996.jpg

お客さんがいらして『これは何だった物ですか?』と聞かれた時に私は本来の
使い道をお教えした上で、決まって植物とのコラボを提案する。
古い物と植物。これが意外と合う。年季が入って中も真っ黒状態だった判子
ケースがこの提案で1日に2つも立続けにお嫁に行った。
c0172261_21115062.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2009-02-26 21:14 | 古道具 | Comments(8)

VALOR

店に置いてある灯油ストーブ。
先週は温かい日が2,3日続いたが、今週は見事な寒の戻り。
北の窓はボードで塞がれてるのでそれ程寒さは厳しくないのだが、
やはり床がコンクリートのままなので足元が少々冷える。
バーラーのストーブはアラジンに比べると温かさは劣ると思っていたのだが、
これでも中々なもの。今日も赤々と燃えている。
c0172261_13165897.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2009-02-18 13:18 | 古道具 | Comments(6)

春色

c0172261_20375488.jpg

開店のお祝いで頂いたお花の中に秋色アジサイを使ったアレンジがあった。
『おっ!これは使える!!』と早速ドライフラワーにするべくアジサイをオアシスから
抜いて自分の思う場所へディスプレイ。やはりこの微妙な色合いを確かめるのには
フランスのただ白い古い皿の上に無造作に置くのが一番映える。

春はすぐ其処。
[PR]
by tomo-so_ko | 2009-02-11 20:40 | 古道具 | Comments(6)

sa-bi

何でもない道具に惹かれたりする。
c0172261_933353.jpg

これは何だろう。。。裏側に足が付いてて上下に持ち手がある。
ストーブに翳してモチや干物でも焼いていたのだろうか。
いずれにしてもこの錆びようではもう同じ役割ではお勤め出来ない。
九州は福岡で出逢い高知へと連れて来た。
c0172261_9331584.jpg

それからこちらは異国フランスでのパーマネントをあてるための道具。
何となく日本のやっとこや切符切りを連想させるカタチ。
こちらも今は静かに余生を送っている。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-11-28 09:34 | 古道具 | Comments(10)

愛車

今年の2月に11年間を共にしてそして手放した車。
c0172261_19304716.jpg

荷物は少ししか積めないし、土砂降りになるとたま~に窓から雨も入ってくる。
そんな第三者から見たら欠点だらけの車ではあったが、私にしてみたら出来の
悪い部分すらが長所にも思えてしまうほどの存在だった。

自分の店をするという長年の夢を叶える為にこの車は常夏の沖縄へ旅立った。
今は私よりも10歳ほど若い男性の元で充分に可愛がられ、大事に扱われている。
これ以上の車は多分この先も出逢う事は無いだろう。
c0172261_19404255.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-11-20 19:34 | 古道具 | Comments(4)

No Brand

c0172261_10154936.jpg

つい最近買った洗面器みたいな深めのボウル。
ウチは2人暮らしだから2人分くらいのサラダかスープを盛るのにちょうど良い感じ
かと思って手に取った。裏に何のスタンプも刻印もない素っ気のないボウル。
でも私はその素っ気なさが却って潔くて気に入った。かんにゅうがまるで模様の様に
幾重にも白磁にまとわり小さな欠けすらがデザインに感じる遠いフランスのボウル。
冷たい磁器が温かく感じられるそんな1枚。
c0172261_10171612.jpg

[PR]
by tomo-so_ko | 2008-11-09 10:19 | 古道具 | Comments(6)

Botanical 

c0172261_9165788.jpg

ボタニカルアートとは植物学的な絵を総称して指すらしい。
高知で言えば牧野氏が有名であろうか。恥ずかしながら自宅の庭の草木に興味は
あるが、植物全体に詳しいかと言われるとそうでもなかったりする。
観葉植物として家用に買った草花を枯らしてしまった事も何度かあるし。
去年好評だったチューリップの球根を今年もまた植えようと思って探したところ、既に
廃盤になっていた。仕方がないのでネットでそれらしき花を探し注文中。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-11-04 09:24 | 古道具 | Comments(2)

Osterizer

c0172261_21531628.jpg

オスタライザーを買った。
我が家にはミキサーがずっとなくて欲しくて探していた。
どうせ手に入れるなら定評のあるオスターよね、と思っていた。
10個ボタンがあってそれがどのように違うのか説明書も全て英語だったので
私には分からなかったけどそのパワーは確かにすごい。
こういうわけで朝の定番がも1つ増えた。
今朝はバナナヨーグルトミルク。
庭のミントの葉を添えて。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-24 22:01 | 古道具 | Comments(12)

bottles

c0172261_733744.jpg

琥珀色の瓶。
その昔ドイツで薬剤を入れていたと言われる。
そんな事を耳にするとまたまた私はこの瓶を眺めながら妄想の世界へと入り浸る。
何が入れられてたのだろう。多分毒ではないと思うが。。。
外国の古い瓶はたくさんあるけどラベルが残っているのは少なかったりする。
そして古い瓶たちは温かな光がよく似合う。
[PR]
by tomo-so_ko | 2008-10-15 07:04 | 古道具 | Comments(8)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧