カテゴリ:猫( 344 )

まだ大丈夫。

のこすけの口内炎。
前月病院へ行って2回目のステロイドの注射を
して貰ってからそろそろ1ヶ月。注射の効果が
持続するのは先々月はちょうど1ヶ月でした。
c0172261_8261251.jpg

確かに病院の先生が言われる通りステロイドは
口内炎治療に格別の効果を発します。でもその
効果が切れる時と注射をして威力を発する時の
落差が激しいです。モコと同い年なのにのこが
かなりお婆ちゃん猫に見えます。

そこでネットで調べて…
少しでも注射の期間が長くなれば本猫の負担も
少なくなるのではと思いサプリを飲始めました。
購入したのはクマサザエキスのサンクロンです。
勿論人間にもOKなサプリでのこが受付無ければ
私が飲めばいいやと思って。歯槽膿漏や口内炎、
口臭予防や胃腸に働き食欲増進にも良いそう。

1ヶ月前から朝晩0.5㎖を与えています。
苦みがあるらしく私が注射器を持ってウロウロ
し始めると気配を察して逃げますが今のところ
吐き戻しなどはしていません。猫によると泡を
出して嘔吐する場合もあるんだとか。このまま
1ヶ月を1週間でも1日でも長く注射の期間が
保てれば。。。と思っています。
c0172261_8263875.jpg

明後日でちょうど丸1ヶ月。
毎日食欲はどうか口周りは汚れてないかウンは
どんな感じか体重は減ってないか…気にしすぎ
かもしれないけれど食べる事は生きる事。
ドキドキものです。

今朝は上等のウンしてハッスルして走り回って
いました。通称ウン○ング・ハイと言います。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-11-25 08:27 | | Comments(0)

1歳と10歳。

2日前になりますが11月15日で小鉄がウチに
来て1年になりました。今まで気づかなかった
けど龍馬さんの誕生日だったんですねー
c0172261_851324.jpg

かわいい可愛い1年前。
c0172261_8131528.jpg

若い盛りの小鉄とは対照的にこの1年でのこが
がっつりと年を取りました。口内炎でごはんが
食べれなくなったのもあると思いますが他人が
見てもお年寄り猫と言うのが分かります。

10年前まだナツもアイ(犬)も居て一緒に散歩
してた時に小さなのこと姉猫を見つけました。
父母も病気してなくて切土で作られた造成地に
思切り傾斜のある駐車場(しかも縦列)があった
当時の実家。

ナツがこの世を去りその後引越しをして両親と
祖母が病気になりアイも居なくなってその間に
私と妹は店を始めました。そして乙が生まれて
今は新しい家の窓からランドセル背負った娘の
後姿を見送っています。不思議なものです。

小鉄が居るこれから10年先どんな景色が待って
いるのでしょうか。自分のトシは考えたくない
ですが。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-11-17 08:11 | | Comments(0)

勢揃い。

ご飯時前の風景。
c0172261_81564.jpg

プラス1。
c0172261_821969.jpg

最近の猫らの立ち位置。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-11-10 08:02 | | Comments(2)

onとoff。

on
c0172261_6541872.jpg

off
c0172261_6543197.jpg

on
c0172261_6544983.jpg

off
c0172261_655724.jpg

off
c0172261_6554058.jpg

off
c0172261_6555823.jpg

看板猫小鉄の1日。
当たり前だけどoffが多い。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-11-07 06:57 | | Comments(0)

口内環境。

のこすけが口内炎の治療をしてから冷蔵庫に
ヨーグルトを常備。自分が食べるのではなく
朝晩3匹の猫に一掬いずつ食べさせるため。

猫に歯磨きは中々難しいので食事の後に口の
中に乳酸菌を取入れる事に拠り偏った成分を
中和させるらしいです。
c0172261_8542465.jpg

口内炎の完治は難しくはいずれまた発症する
らしいけどその発症までの期間を出来るだけ
長く現状維持を保てるようにのこすけだけに
乳酸菌のサプリを与えています。後の3匹は
ヨーグルト。

4㎏を切ってた体重も何とか4㎏を維持して
線が細かったウンも前のように大きくなって
います。食べる物、出す物がとても重要なの
だと言う事が分かって来ました。

必ず再発すると言切られているのでその辺が
少しもやもやするのですがのこすけの機嫌を
見ながらしばらく様子見です。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-10-25 08:54 | | Comments(4)

脱力系。

乙が書いた習字。
c0172261_6131918.jpg

小鉄。
c0172261_6133139.jpg

同じ波長を感じる。

※土曜11時枠のプチバイキングは満席になりました。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-10-20 06:13 | | Comments(4)

飴とムチ。

朝晩の投薬でのこの口内炎は何とか快方に。
あくびや毛づくろいも思いきり出来るように
なった。抗生剤投与とは違ってステロイドの
飲み薬を吐く事はないけどやっぱり抑えこま
れて飲まされるのが嫌らしい。
c0172261_6455590.jpg

毎朝晩片手に薬の入ったシリンジともう片方
にはシーバ缶を(猫ごはんではトップクラス)
混ぜたカリカリを持って部屋の片隅にのこを
追いつめてムチ(薬)の後に飴のごはん。
c0172261_6454330.jpg

一時期4㎏を切ってた体重も量る必要がない
ほどのこを抱いてもずっしり重くなりました。
とりあえずやれやれです。
c0172261_6451433.jpg

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-10-06 06:46 | | Comments(4)

大台。

新しい家に引越して外猫から家猫に昇格した童々。
半外生活をしてた頃も家の近くでほぼ寝てばかり
だったので、今と環境自体はあまり変わらないん
じゃないかと思っていました。
c0172261_6313442.jpg

ところがどっこい。
最近どうも丸くなったなと思って体重計に乗せて
みたら。。実際、丸くなり過ぎてて体重計の上に
童々を乗せる事すら難しかったです(汗)
    ↑お立ち台からはみ出て。。。
ここ数年6㎏代だった体重が一気に7㎏超え。
多分500g以上増えています。
持上げると胴回りがぱんぱんではちきれそう。
大きなアメリカンドッグが手足を出してばたばた
してるイメージです。増えた分の半分で良いから
のこすけに分けてあげて欲しいです。
c0172261_6315192.jpg

元々ダイエットフードを与えているので後は量を
減らすしかありません。半外生活してた頃はそれ
なりにエネルギー発散してたんだ…と今更思うの
でした。猫には猫の主張がありますね。
体は大きい童々ですが小鉄と一番遊んでくれます。
昨日の4匹集合の写真を見たらお分かりのように
のこには一目置いているいるぺーぺーな童々です。
c0172261_6321632.jpg

  

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-09-30 06:33 | | Comments(4)

risky

のこの口内炎の具合は一進一退で。
合うと思っていた抗生剤の内服液を与えると
その後嘔吐が続いて先週の土曜日辺りからは
食欲も無くなって投薬を中断。
昨日再度病院へ。

2日間吐いてばかりで食事を摂ってないので
皮下点滴をして投薬中止の指示。次の段階の
治療へ踏込むしか無い旨を説明されました。
人間も使うステロイド治療です。

口内炎の治療に効果はてきめんに発揮するの
だけどその分副作用のリスクも高くて健全な
腎臓や肝臓への負担があります。。。。とG
病院ではその薬に対する怖さを植え付けられ
使用するに当たっては事前に腎臓肝臓の血液
検査も必要だと言われてました。

とりあえず嘔吐が無くなる事と食欲戻るよう
であればその時に検査をしましょう。と言う
診断でG病院を出たものの。。。
家に帰ってものこすけは何だか口に違和感が
あるらしく毛づくろいもあくびも満足に出来
ない様子。(嘔吐は投薬中止で止まってます)

で、店を早目に切上げて困った時のA病院へ。
病院の梯子になってのこにも財布にも負担が
掛かりましたが…結果。そのままステロイド
治療に入りました。口を診て貰って抗生剤の
段階で治る状態ではないし使い方を間違わな
ければステロイドは怖い薬ではありませんと
説明されました。勿論血液検査もありません。

A病院の説明は。。
確かに肝臓と腎臓に多少リスクはあります。
肝臓へは一時的な数値の低下はあるけど直ぐ
回復する範囲で腎臓のリスクで注意する事は
糖尿病だけど与えるフードの質を投薬中だけ
でも変更してあげる事によってリスクを軽減
する事が出来ます、と。

A病院の先生はいつも的確な説明と対応策を
指示して下さいます。ずっとG病院ではステ
ロイド使用の恐怖のみを植付けられてしまい
途方に暮れてましたが、A病院へ行って納得
出来ました。

のこすけ10歳半。あと何年一緒に居られるか
分からないけどそれを左右するのは飼い主の
判断だと思います。
点滴後、少しフードを食べて化粧直し→
c0172261_6301554.jpg

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-09-27 06:31 | | Comments(6)

嫌われる。

のこが口内炎の診断を受け1週間。
毎朝晩羽交い絞めをして飲み薬(液体)を投薬。
最近はそういう時間帯になると私の顔を見るや
否やベッドの下に隠れるように。。。

で、今日で薬が無くなって再診。
嫌われた甲斐あって?少し良くなってました。
動物病院の先生が言われるのには正直この薬で
こんなに改善される猫も珍しい。。。と。
そんなにも口内炎って厄介な病気らしいです。

嫌われたって逃げられたって。のこすけが良く
なる為には何だってします。
c0172261_17144956.jpg

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2016-09-23 17:15 | | Comments(4)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧