物語のある庭作り。

建物に古い物をちょこちょこ使ってるとの同じ
ように庭にも古道具を取入れます。
左官さんは真似したくなる庭であり真似が出来
ない庭を造ろうと意気込んでます。
c0172261_8475950.jpg

この暑い中、今度は通路の石を1つずつ金槌で
叩いて埋め込む作業を昨日から。通路の長さは
約10m。一見和でもあり洋でもあり。

これにグリーンが追加されるときっと私が思う
庭になるはず、歩くのが楽しい小径になります。
20年前にある店の庭を見てからずっと自分が
庭を造る機会があれば頼もうと思っていたのが
Jou・Jou mitsoukoさんです。

車が横1台半ほどのごく小さなスペース中央に
アプローチを取って両サイドに木々を植えてる
スタイルの庭ですが、その通路をまるで樹木が
両側から手を繋いでいてその中をくぐって店に
入るような錯覚を覚えるそれはそれは素敵な庭
でした。正面から見た木の形なども考えられて
造ってらっしゃると思います。

物語云々のフレーズは今でこそあちこちで耳に
しますが当時からその庭には物語を感じていま
した。そして改めて自分の好きな路線が20年前
から今までぶれてない事を自画自賛しています。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
Commented by cool-witch at 2016-05-19 11:04
アプローチが楽しいものだと、ついついお店に引き込まれますね。
出来上がるまでの気持ちの膨らんでいく様子も楽しませてもらってますよ。
Commented by たおか at 2016-05-19 11:59 x
ワクワク。
少しずつ出来上がっていくんやね。
ここ裸足で歩きたくなるね。
Commented by tomo-so_ko at 2016-05-19 21:57
cool-witchさん
お店の横が庭になるので雑草茫々は避けたいところです。
今日は自分たちで少し石貼りと枕木の防腐防虫剤を塗り塗り
しまして(店の時間に)何やってんだか…って感じです。
Commented by tomo-so_ko at 2016-05-19 21:59
たおかさん
そうながって。
確かに青竹踏みみたいな効果はありそう。
左官のおっちゃんも同じ事を言よったで
by tomo-so_ko | 2016-05-19 08:51 | 古道具 | Comments(4)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧