立春。

半年ぶり位に仕入れに丸亀へ。
高速が上がってからほとんど行けて無かった。
行きは間に合わないから高速、帰りは下道で。

何か仕入れたかったけど、結局私が良いと思うものは
悉く高値になってしまってブルーな気持ちでまだ競りの
終わらない会場を後にする。競りに行き始めてかれこれ
10年経つのに昨日はSさんから『一般の方の入場は』と
本気で言われ大学時代の書道の集まりを思い出した。
あの頃も私、いつまで経っても馴染めなかった。

仕方無く丸亀周辺の水曜休でないお店を廻って情報収集。
んで、日も暮れた6時前に国道32号線に向う途中に素敵な
お店を発見。そういうのが結構得意。

7時前には帰ると伝えてたのだけど帰り着いたのは8時。
クマーは文句ぶーぶー。今日は高知。もうぐたぐた。

そんな中、車で耳にした歌。
この人の書く歌詞は心に響く。
c0172261_63642.jpg

慣れ親しんだ
九月(ながつき)の風、月光のもと
前を見据え私の方からその手離した
平気だとうそをついて

こんなに苦しく想うなら
丸ごと消え去ってしまえばいい

1人泣いてることに気付いて欲しくて
つい喉をつまらせた
私の中で少し美しく描かれた
優しい微笑み、余計涙が溢れた

あなたの香りを抱き
慈しみ愛された八月(はづき)の迷い夜
二筋道の手前
私は生きる意味をひたすら探した
遠くにあなたが見えた

柴崎コウ ひと恋めぐりより抜粋。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
by tomo-so_ko | 2015-02-05 06:38 | 日々 | Comments(0)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧