轆轤。

土子窯さんところで去年10月から12月に掛けて何回かに
分けて電動轆轤での器作りを体験しました。
c0172261_13254587.jpg

轆轤で一番大事なのは芯を取る作業。芯を決める事によって
左右にぶれる事が無く均等に作業が出来ます。
c0172261_13224168.jpg

c0172261_13231140.jpg

カタチを作るのも轆轤だし削る作業も轆轤、はたまた絵付も
轆轤で行うのでした。私は鹿の子柄と言う面倒な柄を選んだ
ので轆轤での絵付はしませんでしたが電動で始まって電動で
終わるのが通常なのだそうです。
c0172261_1323516.jpg

c0172261_13241550.jpg

年末に焼き上がった自分の茶碗のぶ厚い事!
c0172261_13221611.jpg

本焼きを待つ先生の作った器たち。
c0172261_13261420.jpg

先生の作った器で頂くコーヒー。
c0172261_13263049.jpg

陶芸の奥の深さ難しさがよく分かります。最近の和骨董への
憧れはこの体験をしたからなのかもしれません。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
[PR]
Commented by chocottoo2 at 2014-01-15 19:56
分厚いところが可愛いと思った・・・柄もかなり好み~!!
Commented by tomo-so_ko at 2014-01-16 09:59
chocottoo2 さん
ありがとうございます。
これでも自分ではかなり薄く削ったのですけど(苦笑)
中々先生のようには薄くならないですねぇ^^
そそっかしい私にはこれぐらいぶ厚い方が割る心配が無いので
扱いやすいっちゃ扱いやすいです(大笑)
Commented by たおか at 2014-01-16 15:42 x
うん。私も厚みというかフォルムもコロリンとして可愛いと思う。
食器は使えるのがまた楽しい!
先生のコーヒーセットも素敵やね。シンプルで好みです。
Commented by tomo-so_ko at 2014-01-17 09:36
たおかさん
焼き上げる前はそれなりのサイズやったけど、焼き上がったら
かなり小さく縮んでしもうて子供サイズの茶碗になってしもうた。
乙乃のごはん茶碗、または私のカフェオレボウル的に使いゆう。
by tomo-so_ko | 2014-01-15 13:29 | その他 | Comments(4)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧