看取る。

車の前を走って横切る子猫。
轢かないでーーーという願いも虚しく車が走り去った後に
横たわる。目の前で起こった悲劇。運転席側の窓から様子を
見た時にはまだ微かに動いていた。そして痙攣。
車を脇に停めてビニールを出し道路の真ん中から端へ寄せる。
ごめんねと体を3回だけさすった。
轢いた車の女性がUターンをして戻って来てくれた。
後は自分がします、と。ありがとうございます、手を汚させて
しまってすみません、とも。手は震えるんだけど汚れたとは
全く思わない。ほんの1分前は動いていたのに動かない。
今日は朝からブルー。
c0172261_0114011.jpg

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。

本日のリスト
○仕入れ…済
○オークション発送…済
[PR]
Commented by tabikiti at 2013-09-05 11:45
私も一度 経験があります。
ひかれてすぐの猫を、道路の外に

何度も何度もヒカレテいる亡骸を見ると、胸がつまります。
Commented by tomo-so_ko at 2013-09-06 09:09
tabikiti さん
寄せて下さってありがとうございます。
端に寄せるのはもう何度目になるでしょうか。
埋葬するのも何度目になるでしょうか。目の前で瞬間を見て
しまったのは2回目です。胸が張り裂けそうになります。
道路に残したまま気にするよりも時間に余裕がある時なら車を
下りて移動させます。それがせめてもの償いのような気がして。
これから涼しくなると益々事故が多くなります。一番気分的に
嫌な季節です。自分だけは当事者にならないよう安全運転で。
by tomo-so_ko | 2013-09-05 00:12 | | Comments(2)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧