もう10日、まだ10日。

ナツが居なくなってから10日が経ちました。
c0172261_1013410.jpg

普通に暮らしていると、あれからもう10日も経ったんだと思いがちだけど
今の自分はまだ10日のイメージが強いように思います。
出来るなら10日前のあの時間に戻って何か対策が出来たのではないかと
机の引き出しに足を入れたい衝動に駆られます。
c0172261_102720.jpg

猫画家のなあなの母(中島祥子)さんからはるばるお花が届きました。
鬱陶しい梅雨空にグリーンとホワイトの配色が清清しくて。
ナツが居なくなってもう1匹のビーグル(15歳)と散歩に行きますが、この子
でさえ散歩の途中途中に振り返っては立ち止まります。
私は綺麗なカタチの骨を1つ頂戴しました。
後は折を見て実家の庭に撒くつもりです。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
今日も21位です。とりあえず現状維持しています(苦笑)
頑張ります。 
[PR]
Commented by クニ at 2012-06-25 12:16 x
ナツちゃんが居なくなってもう10日も経つのですね~

しかし大きいワンコで17歳も長生きされたと言う事は大切に
育てられた証拠・・・・
tomoさんとは人生の内に半分も一緒に生きてきた感慨深いですね~
キットナツちゃん、天国でtomoさん家族に感謝してるでしょう・・・
Commented by cool-witch at 2012-06-25 15:25
この喪失感は時間が薬。
行きつ戻りつ、あの頃はこうだった、そうそうこんな事があった
と色々思い出しては、ああすれば良かった、こうしてやれば、
と悔やむこともあるでしょうが、
いっぱい残してくれた思い出を大事にして、
ぽっかり開いた心の穴を繕っていってください。

↓↓↓リース、変わっていく様子も楽しめばいいのですねぇ。
Commented by potori_ms at 2012-06-25 21:10
首をかしげた、若かりし日のナツちゃん、無垢でかわいいですね。
時間を感じさせる写真の色が、悲しさを誘います。

気の利いた言葉はかけられませんが、
そんなふうに想われて、
tomo さんと一緒に暮らせただけで幸せだと思いますよ~。

人間も動物も、いつかその日はやってきます。
そして、愛し、愛された人の傍に、いつも寄り添ってくれていますよ。
Commented by tiko816 at 2012-06-25 21:50
写真のナツちゃん、とってもかわいい。
17年、tomoさんとのたくさんの思い出をナツちゃんも思い出して
いっぱい感謝してるでしょうね。


みいよんは今日で1ヵ月。
私もできることなら時間が戻って欲しい!と、いつも思う。
まだまだ辛いな。。。
Commented by tannune at 2012-06-25 23:48
ナツちゃんは ずっとずーっと tomoさんを見守ってくれてたのでしょうね。いろんなことをナツちゃんにお話しされてましたか?
きっといずれ寂しさが別の形になって道標となってナツちゃんは居てくれると思います。
3年前に母を亡くした時、あらゆる人間の感情を短期間に味わいました。あれからたっぷりの涙はなくなってしまいました!!! 


でもター君にだけは 見せてしまうかな。 

振り返って振り返って ナツちゃん探してくださいね。
いつのまにやらナツちゃんが先に進んでるときがあって振り返ってるかもしれないですよ
Commented by tomo-so_ko at 2012-06-26 00:27
クニさん
こんばんは。
いつまでも辛気臭いブログを更新しててもキリがないのですが(苦笑)
やっぱり実家へ行ってもう1匹の犬の散歩をしていると思い出してしまう
のです。でもさすがに1匹だけの散歩だと歩く速度が早い事!
こんなに早く歩いてたっけ?って思うくらいです。
前の犬をフィラリアでなくしているので蚊にだけは気を付けてました。
Commented by tomo-so_ko at 2012-06-26 00:32
cool-witchさん
残された犬の散歩コースも今までと変わらずですから余計に思い
だしてしまうんですよね。散歩も良し悪しですわwww
17年間中、大学や結婚で実際はそれほど一緒に過ごしたわけでは
ないけど、このやりきれなさが残る。。。と言う事は今の猫らがそういう
場面になったら私は耐えれるだろうか。とふと思う事があります。

そうそう、リースは気軽に考えて下さったらいいがです。
お値段も(多分)気軽な値段付けてます^^
Commented by tomo-so_ko at 2012-06-26 09:00
potoriさん
ありがとうございます。
この写真は多分生後半年くらいの頃でしょうか。
一番やんちゃで手をつけられない時期でもありました。
2歳までは言う事も聞かず脱走をして得々うどんの自動ドアの所で
店員さんに御用になったりして(苦笑)色々とやらかしました。

看病して挙句旅立つ場合と突然に旅立つ場合とどんなでしょうね。
喪失感は変わらないのでしょうか。
年齢も年齢だしそろそろとは思っていましたが覚悟は出来てません
でした。中々難しいですが、忘れようとするのではなく記憶の欠片と
して大切にしていけるようになったら良いなと思っています。
Commented by tomo-so_ko at 2012-06-26 09:05
yokkoさん
おはようございます。
言い方はあまり良くないかもしれんけど正直、みいよんくんが先に
亡くなった時にまさか自分の身の回りでも同じ事が起きるとは思って
なくて。今まで第3者的に見てた出来事がいざ自分事になると全然
違いますね。飼い主さんが看取ったやりきれなさがよく分かります。
私もまだまだ。だめだめですわ。
Commented by tomo-so_ko at 2012-06-26 09:14
tomoさん
おはようございます。
ホント、人には見せない淋しい顔もペットには平気で見せられるから
不思議ですよね(苦笑)きっと世のペットたちは背負いきれない飼い主
さんの想いをたくさん持ってると思います。

私はまだ近い身内との別れは経験した事がないので。。。
想像しただけで怖いです。でもいずれは絶対に迎える。
私の誕生日が来なければ良いと思うここ数年だけど、子供の誕生日が
来るのはうれしいと思う、何ともツジツマの合わないこの頃です。
by tomo-so_ko | 2012-06-25 10:09 | 日々 | Comments(10)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧