antique style

本物のアンティークはお高くて手が出ないから、そこそこのものを或いは全く
新しい物を古そうにリメイクしているモノを指すそうだ。

日本語で表すと○○風、とでも言えば分かりやすいだろうか。
昔よく使われていた色にリペイントしたりヤスリを掛けて使用感を出したり。。。

上質の紙が手に入ったのでそれを適当な大きさにカットしてラッピング用の
タグを作る。そのままだとキレイ過ぎて面白くないのでほうじ茶で染めてみる。
紅茶で染めたりコーヒーで染めたりもするらしい。紙も1度水を吸って乾いたら
始めよりも若干ゴワゴワして妙に使用感が出る。
c0172261_2293352.jpg

私が好きなのは白と染めた茶色との境目。なので紙全部どっぷりは浸さない。
そのにじみ具合がニクイ演出をする。そんな事、誰も思わないよねー(苦笑)
後はラッピングの腕の魅せどころ。なーんてね。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
こんなに遅い時間の更新にも関わらず15位頂いています。
ありがとうございますー(喜)
[PR]
Commented by hana-yururi at 2012-03-01 11:18
センス、よろし。
Commented by tomo-so_ko at 2012-03-02 10:01
hanaさん
ぐふふ。ありがとう~
ラッピングに使うもこの分やと多分2,3年分くらいありそう(汗)
by tomo-so_ko | 2012-02-28 22:20 | その他 | Comments(2)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧