毛色による猫の性格。

血統書がついてるような立派な猫には縁がないので、その辺は
分からないけど私が今まで猫と関わって来た経験上のお話。

まず縞(トラ)猫。
c0172261_9393091.jpg

のこや去年里子に出した文旦、2年前のオリオン、4年前の亜子、
5年前のcocoとクー。皆一般的にフレンドリーな性格の子が多い。
c0172261_9402622.jpg

特に茶トラ、グレートラのオスは全然知らない人間でもすぐにお膝
猫になれる傾向が。反対にメスの茶トラは数が少なくて希少な存在。
オスよりは若干ヒトミシリの子が多いかも。
c0172261_948618.jpg

次に我が家には2匹も居るシャム系。
とにかく主を1人に絞る性格の子が多いかも。中にはフレンドリーな
子も居るかもしれないけどウチの2匹は同じ家に住んでても主人で
すら年に何度かしか抱かれる事はない。
そしてまるで犬のように主には忠実。主は1人と決めてしまう事から
野良猫になってしまったらすごく損な生き方をしなくちゃいけない。
c0172261_954136.jpg

そして三毛猫(メス)。何万分の一の確立でオスが居るけど。
ワタシ的には三毛が一番相性が悪かった(苦笑)
所謂ツンデレな性格が多いのも三毛。一緒に遊んで明らかに喜んで
いるのに噛んで来たり引っ掻いて来たり。それが余計に可愛いと言う
人も居るけど。三毛猫もおそらく主は1人と決めてる子が多いと思う。
でも三毛猫の中のサビ猫は飼いやすい。そしてとても賢い良い子が
多い。毛色では損をしてしまう事が多いけど実は可愛い子が多い。

最後に白猫、黒猫、2色猫。
すごく人馴れ出来る子と全く寄せ付けない子の2パターンに分かれる
みたい。ちょっとこの↑の毛色についてはまだリサーチ不足かな。

でもキホン猫はどの子も1度ココロ許すとどこまでも信用して来ます。
野良猫がそっぽ向くのは周りの環境がそのようにしてしまっただけ。
猫と暮らす生活は楽しいです。

お約束のおまけ
c0172261_1074283.jpg

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
只今12位頂いています。お蔭さまで昨日少しの間11位でした。
ありがとうございます。
[PR]
Commented by のり at 2012-01-26 11:47 x
興味深い分析ですね(^^)

グレートラのオスは確かにスーパーフレンドリー!
玄関先で集金のおっちゃんと立ち話をしていると、
おっちゃんの足もとにスリスリ。
確かにその後方には茶トラの亜子姫が控えています(苦笑)

あと、茶トラは頭がいいのか?性格がいいのか?
今、兄ちゃんには投薬が必要なので、
兄ちゃんだけが抱っこされる時間があるんですが
亜子はその辺りをよく分かっているようで、
やきもち妬かずにお膝が空く順番を待っています(^_-)-☆
Commented by kagonoorugo-ru at 2012-01-26 13:17
沢山の子達と過ごされていらっしゃったのですね~羨まし!!皆可愛いけどオマケの子、萌!!!!!!!!私はまだ飼った事があるのが3代白黒で末っ子のがミケ?なのですが、皆性格違ってて面白いなぁって感じですねぇ今のとこ相性は皆いいと勝手に思い込んでます~(笑)
Commented by シロネコ(妻) at 2012-01-26 13:41 x
私は延べ11匹の猫と暮らしてきましたが、茶トラの子は人にべったり。
家族で車で出掛けようとするといつも猛ダッシュで車を追いかけてくるんです。
仕方なく一緒に連れていきました。

フレンドリーでどの猫とも仲良く優しいおっとりした茶トラもいました。(目が文旦に似てたなぁ)

シロネコは私にも主人にも忠実。
やっぱりべったり甘えん坊で、膝を独占します。
親バカかもしれませんが、人の言葉が分かるんですよ(笑)
そして私もシロネコの言葉が分かります(イタイですね~)
Commented by Ree at 2012-01-26 15:21 x
かわいいー!!猫の鼻の下の口元をなでなでしたい。
乙乃ちゃんとの関係もいい感じ。
うちの黒猫はメスが抱かれるの嫌いだけど、お客さんは好き、オスはフレンドリーだけどお客さんは嫌い。
幼少期の体験にもよるかな。しま猫は飼い主にもなかなか
なつかなくて最近お腹が触れる。(2才)


Commented by tannune at 2012-01-26 18:31
tomoさんが撮る猫の写真はいいですね。無理強いがなく
ごくごく自然体。↓の乙乃ちゃんのようです

2色の猫のリサーチをお願いしたいぐらいです(汗・・・^^;)
Commented by ゆうゆう at 2012-01-26 21:42 x
tomoさん、こんばんは。

日曜日はお疲れさまでした^^
楽しそうな様子でしたね~。
いえ、楽しそうな様子が色んなところから聞こえてきました~!

【猫事典】できそうですね。
著:tomo
できたら、サインくださいね~
ウシシシ~~
Commented by tya-i at 2012-01-26 22:42 x
分析^^興味深く拝見しました。
猫種によっても性格は違いますよね。
おまけの写真にすっかりハートを奪われてしまいました♪
初老2人だけの生活ですが、ここに猫が居なかったら
寂しいと思いますよ。
毎日、事件(?)があったり、面白い寝姿に笑ったり
生活に潤いをもたらしてくれていまふ^^
Commented at 2012-01-26 23:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by プゥコリン at 2012-01-26 23:25 x
三毛猫にオスがいないってどういう理由なんでしょうね?
何万分の1のオスってやっぱり高価なの?
うちの近所のノラは凶暴でお散歩中のワンちゃんを襲ったり
目をひっかかれて失明したチワワちゃんもいるんですよ。
一番下のネコちゃんのお鼻がかわいいですね。
こんな形のプラスチックの鼻がついたクマの人形がありましたよ。
Commented by tuno at 2012-01-26 23:39 x
確かに、うちの茶トラのオス(レオン)も超フレンドリーです。
メスのチョコはちょっと控えめ。
同じアメショーでも、毛色によって性格が違うとか。
チョコもそうですが、茶色(レッドタビー)のメスはおとなしいそうです。
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:17
のりさん
早々にコメントをありがとうございます。
こういう風に猫の毛色について纏めた事はなかったので改めて
考えてみると如何に私が保護してきた子たちってトラ猫が多いか。
逆に言えばトラ猫以外はもし見かけても猫から寄って来ない事が
多いんですよね。シャム系の2匹のうち童々はお声は掛かっても
結局ウチに居残って居ますし(苦笑)そういう事実も踏まえてトラ猫は
一様にフレンドリーなんだと判断しました。
おそらく今まで里子に出た子は全て縞猫だったように思います。
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:24
コビトカバさん
おはようございます。
ウチに残ってる3匹以外は里子に出すまでの比較的短い間でしか
お付合いはしてないです。一番短くて4日。長くて3ヶ月。。。
猫の里親探しは持久戦だと聞きますから顔や柄が今ひとつの子は
性格で推して行きます。コビトカバさんところの猫さんたちは私が
関わった事の無い毛色の子たちなのでリサーチがてら拝見させて
頂きますねー
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:29
シロネコさん
茶トラの甘えっぽりは有名な説ですよね。
ウチの猫は皆ドライな愛情表現をする子ばかりでしたが、↑の
写真のオリオン(保護時既に成猫)はものすごい甘えたがりで
私の方が鬱陶しくなるほどベタベタでした。

そうかー
白猫のリサーチはシロネコさんのところで見れば良いのですね。
私が唯一関わった白猫は童々と仲が良かったひーくんなので。
ひーくんも穏やかな性格で皆から可愛がられていました。
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:33
Reeさん
ウチのんも基本的に抱っこされるのはキライみたいです。
自分から膝に飛び乗って撫でられるのは好きだけど。
こういう違いがいかにも猫らしいですよね。結局抱っこやん。って
思いますもん(苦笑)アクマで自分本位。自分中心^^
でも可愛いので許してしまうのです。
縞猫はココロ開いたら絶対向こうから寄って来る子だと思います。
ホント環境って怖いですよね。
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:40
tomoさん
茶トラの子猫の写真とかはちょっと無理強いしてるんですけどね。
本猫は眠たいのを必死に私が起こしています。目がもうおやすみ
言ってるところだったりします(苦笑)
猫の表情をどのように撮るか?どれだけ可愛く撮れるか?これを
勉強するうちに古道具の写真も何とか上手に撮れるようになって
来ました。練習あるのみですよ、何でも^^
白黒猫のリサーチはゼヒゼヒtomoさんの方でお願いします。
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:44
ゆうゆうさん
おはようございますー
寒くて作業もあまり進んでないみたいですね。
私も全く一緒で困ったものです(苦笑)お天気は良いから本当は
作業日和なんですけどね^^

イベント、楽しかったですよぅー!
久しぶりに流星堂さんともお逢いしました。でも設置場所が私が
一番倉庫の奥だったのであまりお話する機会がありませんで。

猫事典。
題名の前に『独りよがりの』を入れないとイケマセンね。
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:49
tya-iさん
そうですね。
ねこの毛色によって性格は違いますし、そして短毛か長毛かで
またまた性格が違うようにも思います。あともちろん性別でも。
こんな風に分析していくとホントに1冊の猫事典が作れそう(苦笑)
長毛に縁が無いですが、実はすごい憧れています。

おまけの子は若かりし頃の童々です。
この写真に皆が参ってたくさん里親候補の方が居たのですが、
性格が合わずにウチに出戻ってきた次第です。
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:52
鍵コメさん
こちらこそ有難うございました!
お口に合って良かったです^^
毎週木曜日のみに販売されるロールケーキです。
だから昨日お渡しできて本当に良かったです。
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 09:57
プゥコリン さん
三毛にオスが居ない(少ない)のは遺伝子上の関係のようです。
遺伝子的にオスは弱いので、もし三毛のオスの子猫が生まれても
成長が遅かったり、何か健康に問題があったりする場合が多くて
成猫にはなり難いと聞いた事があります。

去年の何かの番組で三毛猫(マンチカンだったかな?)のオスの
値段が3000万円とか放送されてましたー
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-27 10:01
tunoさん
やはりレオン君は皆にフレンドリーですか。
でも動物病院は苦手なんですよね(苦笑)
あの表情が忘れられません。

オスかメスか?という大きな分け方をするとオスの方がメスより
甘えが多いみたいですね。これはニンゲンも同じ!?(笑)
Commented by プハラ at 2012-01-27 18:58 x
実家のシロちゃん(三毛の女の子っていうか お婆ちゃん') は、まさしくツンデレです!!!
お義母さんにしか心を許してないけど、そのお義母さんにも かみつくわひっかくわ…
でも、寝るときは いっつもお布団に入ってくるそうです。

ハナグロちゃんは やけに甘えん坊ですけど、あれは何猫なんだろう…f(^_^;
Commented by tomo-so_ko at 2012-01-28 08:49
プハラさん
おはようございます。
性格と言うのはある程度生まれたときから形成されるのですけど
年を取るに従って柔軟性は無くなってくるように思います。
これは猫に限らずニンゲンだって同じです。三つ子の魂100まで
って表現されますもんね(苦笑)ウチの猫たちも若かりし頃は新参
者にはそれほど抵抗は示さなかったのですが、最近はまぁ怒る事。
だからシロちゃんは余計でしょうね^^
それでも何とか一つ屋根の下で同居が出来るのはハナグロちゃんが
まだ柔軟性があったと言う事だと思います。
ハナグロちゃんは三毛の中でパステルサビの毛色の仲間では?
すごく要領が良くてアタマの良い子だと思います。
by tomo-so_ko | 2012-01-26 09:55 | | Comments(22)

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧