mixi日記『うちのひと』より。

c0172261_21323166.jpg

主人とは見合いで結婚した。

正直その頃の自分はもう次は要らないと言うくらいの恋愛をした後だったので
新たに自分で相手を探してどうのこうのと言うのが面倒くさくなっていた。
でもやはり年頃のムスメをもつ親というのはいつまでも独りというのが気に
なるらしく週末になる度に写真を何枚か見せられたりしてお決まりのパターン。
周りから何人か紹介して貰ったがイマイチ自分とは合わず。

縁というのは面白いもので、本来ならば5歳年上の彼のお兄さんと見合いを
する事になっていた。だがその時お兄さんには見合いをして何度かデイトを
してた相手がいたので、そこの主催者のオバサンが『彼には確か弟もいるよ』と
何の気なしに紹介されたのがウチのひとというわけだ。

多分お兄さんと見合いをしていたら結婚はしてなかっただろうし、兄がダメ
なら弟で。。。という話もなかったのでは、と思う。オバサンから当時彼が
大事に所有していたCB400の派手な黄色いバイクに妙にカッコつけて寄り
かかっていた写真を見せられた事だった。

それまでの自分とは全く趣味の違う彼。その1つが音楽だった。私はけっこう
邦楽も洋楽も浅く広く聴く方だったのだが、彼が車で好んで聞くのはやしき
たかじん。さすがにたかじんは私でもノーマークだった。まさか同い年で
たかじんを聞く人と付合うようになろうとは。。。服の趣味も全然合わないし、
インテリアとかも全く論外な彼。唯一は何かある情景を見て注目する点が
同じだった事、それから笑うツボが同じだった事。

私は私で過去をズルズル引きずっている事もあり、イキオイでそれから半年後
には内心モヤモヤしながらも結婚した。

そして10年。

六星占術では火星人の私にとって最凶の土星人の主人。子供こそ居ないが
最凶は最強コンビとしてボチボチとこれからもやって行くのだろう。

2008.8.8

人気ブログランキングへ
↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さい。
いつもご覧頂きありがとうございます。
[PR]
by tomo-so_ko | 2010-11-15 21:33 | その他

好きなもの、こと、かこ、  そしてみらい


by tomo-so_ko
プロフィールを見る
画像一覧